入稿案内表

対応データバーション

  • Adobe Illustrator CS6 〜 CC2021

  • Adobe Photoshop CS6 〜 CC2021

  • Adobe InDesig CS6 〜 CC2021

  • PDF/X1-a PDF/X4

入稿データ・チェックリスト

※印刷用PDF以外で入稿される場合にご参照されると、スムーズに印刷に移行でき、印刷事故も防げますのでご活用ください。

ドキュメント設定・仕様

  • 1.Illustratorは単ページにわける
  • 2.アートボード内にオブジェクトをおさめ、ヌリタシをつける

    裁ち落としぴったりにアートボードを作成した場合は、
    ドキュメント設定の裁ち落としを天地左右3mmに設定する

  • 3.ドキュメントのラスタライズ効果設定

    解像度350dpi/アンチエイリアスにチェック

  • 4.リンク画像が全て入っている

    括弧で始まるファイル名をつけてはいけません

〈最終チェック事項〉

  • QRコードが正しく読み取れるか確認
  • アウトライン後の出力確認(下版時)

データ整形作業手順

  • 5.表示中のレイヤーおよびオブジェクトのロックを解除
  • 6.非表示レイヤーおよび( +3)の隠しオブジェクトを削除
  • 7.オブジェクト機能で作成されたグラフのグループ解除
  • 8.オーバープリントの全解除
  • 9.画像等が正常に表示された状態でアピアランスの分割
  • 10.文字をアウトライン化
  • 11.スウォッチ内のデータ、孤立点(余分なポイント)、アートボード外の不要なオブジェクトを全て削除
  • 12.不透明マスク内に文字がある場合はアウトライン化

特殊印刷データの作成方法

特殊印刷データ作成について

特殊印刷データ作成時の注意点

  • 効果毎にスウォッチカラーまたはチャネルの指定が必要です。
  • 使用する特色名は以下の通りです。
  • スウォッチカラー名は大文字小文字を区別するのでご注意ください。
    特色名 スウォッチカラー名
    シルバー Silver
    プレミアムホワイト White
    透明 Transparent
    蛍光ピンク FL Pink
    蛍光イエロー FL Yellow
    蛍光グリーン FL Green
    蛍光オレンジ FL Orange
    エンボス加工 Textured Effects
    隆起印刷 Raised
  • VividインキによるRGBカラー再現のデータに関しては、特色指定は必要ありません。
    データのカラーモードをRGBモードでご入稿ください。

特殊印刷用データ作成方法(InDesign)

  • 1.ウィンドウメニューからスウォッチを表示します。新規スウォッチをクリックします。

  • 2.使用したい特殊効果のスウォッチカラー名を指定しカラータイプを「特色」に設定し、画面表示用に色%を指定します。

  • 3.対象のオブジェクトへ定義したスウォッチカラーを割り当てます。

  • 4.隆起印刷のように他のオブジェクトへオーバープリントが必要な場合は「プリント属性」の「塗りにオーバープリント」にチェックを入れます。

  • 5.確認方法
    印刷機のPPDが適用されているプリンタを選択し「カラー:色分解(IN-RIP)」を選択し、インキ項目に使用するスポットカラーがあり全てにプリンタマークが表示されていればOKです。

特殊印刷用データ作成方法(Illustrator)

  • 1.ウィンドウメニューからスウォッチを表示します。新規スウォッチをクリックします。

  • 2.使用したい特殊効果のスウォッチカラー名を指定しカラータイプを「特色」に設定し、画面表示用に色%を指定します。

  • 3.対象のオブジェクトへ定義したスウォッチカラーを割り当てます。

  • 4.隆起印刷のように他のオブジェクトへオーバープリントが必要な場合は「プリント属性」の「塗りにオーバープリント」にチェックを入れます。

  • 5.確認方法
    印刷機のPPDが適用されているプリンタを選択し「カラー:色分解(IN-RIP)」を選択し、インキ項目に使用するスポットカラーがあり全てにプリンタマークが表示されていればOKです。

Topへ戻る