CREATORS SESSION / Case 2 後藤大樹

1991年大分県生まれ。デザイナー。福岡・大分を拠点に美術、音楽、書籍などのデザインを手掛ける。福岡県八女市のオルタナティブスペース「FUTEMIMI」を共同で運営。最近は郷土史に興味があります。

https://www.instagram.com/daikigotodesign/


セッションのため用意した作品

Process

ホワイトインキの可能性を試してみたいとご希望。ファンタスと岩はだの両⽅の刷り上がりを見て、ギラついた光沢の上にシルク印刷で刷ったような仕上がりのホワイトがいいということで、この⽅向で追い込み。⿐部分の影の具合と右⽬の栗の陰影に納得がいかず、ご⾃⾝でデータから修正。その後、ホワイトの重ね刷りを3回、4回、5回と試作。結果、4回で⼗分ということになり、フィニッシュ。

Interview

今回の誘いを受けて体験前までの印象は?

純粋に楽しそうだなと思いました。印刷会社さんがトライアルのためにクリエイターを呼ぶ機会はあまりありませんから。印刷や紙がもともとすごく好きなので、またとない機会だと、純粋にうれしくて、インサツビトさんの見本に加えて原田さんが送ってくださったサンプルも見ながら、どうすれば楽しいかなとイメージしていました。黒い紙の上に白を乗せて作品を作ろうと考えたのですが、僕はデジタルオフセットのことをよく知らなかったので、沈みがちな白をどれくらいコートしてくれるのかを見てみたくて、ちょうど今自分が興味を持っていることにピタッとはまったんですよね。

体験してみていかがでしたか?

やっぱり楽しかったというのが一番。仕事にも具体的に生かせそうだなと想像できましたし。インサツビトさんが「対話」とおっしゃるのが、分かった気がしました。実際に話しながら変わっていくのが、すごく感激で楽しかったです。気軽に相談してくださいと言われる印刷会社さんもありますが、実際に行動するとなると、どこまで相談していいものなのか、気を遣ってしまうんですよね。でもインサツビトさんは相談しやすい雰囲気があります。いい意味で、予想をかなり超えていました。



インサツビトにデザイナーがいることについてどう思いましたか?

要望を伝えるのに、デザイナーさんがいなかったら、印刷屋さんに分かるような言葉に翻訳して伝えるのが難しいのではないかと思います。デザイナーさんが僕の言葉を印刷屋さんの言葉に翻訳して橋渡しをしてくれる感じ。自分が知らない印刷の手法を教えていただけるとか、対話が重要ですよね。



今後に生かすことができそうなヒントはありましたか?

僕は自費出版で友達の作品集を作る機会もあって、オンデマンドで印刷する時はいかに安っぽく見せないか微調整するのですが、限界があるし、かと言ってオフセットは気合が必要な金額なので、なかなか難しい。自分の展示会の図録など、そんなにたくさんの部数が必要ないものに、まさにぴったりな気がします。30部ぐらいでもできるのがすごいです。広島近郊だけじゃなく、もっと広いエリアで需要があると思います。はまる人も多いのではないでしょうか。



最終的にファンタスブラックに刷ることにした決め手は?

ツルツルした質感の上にインクが乗ったらどのような変化が生まれるのかが気になりました。インクの部分もツルツルになるのか、また違う風合いになるのか。さらに、インクが乗った後で紙の風合いはどこまで残るのか。いくつか刷っていただいた中で、ツルツルの上に白インクが乗ったものが、一番インクの面白さが残っている感じがして選びました。岩はだもめっちゃかっこいいと思いましたが、ツルツルには勝てませんでした。皆さんも言っていましたが、シルクスクリーンっぽいですね。オンデマンドで同じ作品を作ってみたこともあるのですが、細かいニュアンスがなくなってしまうんです。でも今回は木の細かい質感も残っていたので、最強だなと。


インサツビトへのリクエストは?

地域によってどんな表現の違いがあるのかが気になりますね。各地のクリエイターがインサツビトを経由したらこんな表現になったというような展示があったら面白そうですね。単なる紙ものに留まらない「作品」が作りやすそうだなと思います。1部単位でできますし。そんな展示があれば、個人的に気になります。ピンポイントでこういったサービスを欲していたので、ぜひまた利用させてください。





その他インタビューはコチラ

Topへ戻る